FXにおける手数料とは?

FX口座開設 〜オススメ業者・初心者の口座の選び方

FXにおける手数料とは?

FXにおける取引手数料というのは、外貨を買ったり売ったりする際にFX業者に支払う
べき手数料の事を指します。

 

外貨を「買って→売る」(又は逆)といった場合に必要な手数料を往復手数料といい、
「買う」だけや「売る」だけの場合を片道手数料と言います。

 

しかし最近では殆どのFX業者において取引手数料は無料になっています。
(ちなみにFXには手数料の他にスプレッド等のコストもかかりますのでご注意下さい)

 

手数料が発生する業者でも各業者による違いはありますし、同じ業者内でも取引内容に
よる違い、通貨ペアの違いなどによっても異なる場合があります。

 

例えば「デイトレードの場合は手数料無料」「1万通貨以上の取引量であれば無料」
「1000通貨単位の取引は1回につき数十〜百円程度の取引手数料が必要」といった感じ
で違いがありますので前もって確認しておきましょう。

 

 

ちなみに、「外貨預金」の場合は往復手数料は「取引通貨量×約1円」が一般的
ですが、「FX取引」ならばほぼ「0円」が一般的なので、取引手数料の安さは歴然です。

 

 

FX初心者の方が口座開設をなさる場合は手数料は無料は最低限抑えておくポイント
になっています。特に1日に何度も取引きをするようなデイトレードの場合は手数料
だけで大変な金額になってしまいますので注意しましょう。

 

※ただ、今後稼げるようになった場合は「税金」が大きなポイントになってきます。
ご自身のトレードスタイルによっては手数料を支払ってでも税金の安いFX業者で口座
開設をした方が有利になる場合もあります。